Eclipse4.3 に Android4.3 開発環境をインストールしてみた

GoogleがAndroid 4.3を公開、アプリ開発ツールも更新詳解 Android 4.3(Jelly Bean) 新機能とのこと。
これはインストールしてみねば…

Windows8(64ビット) に Pleiades All in One Full (JRE あり) Ultimate版(pleiades-e4.3-ultimate-jre_20130626)に ADT Pluginをインストールし、Android4.2 まで導入している環境で行いました。アンドロイドアプリ開発環境を Pleiades All in One 4.2で構築する (Android 4.2 Jelly Bean) の4.3版です。

「Android SDK Manager」 画面を起動したところ、 Android 4.3(API 18)以外にも、Android SDK Tools Rev.22.0.5、Android SDK Platform-tools Rev.18.0.1 の更新案内があったので、あわせて更新をしました。あらかじめ自動でチェックが入っていた状態のまま「Install xx Packages」ボタンをクリックします。

「Android SDK Manager」 画面下の緑のメーターが伸びきって「Done loading packages.」と表示されると、「ADTも更新してね」という趣旨のメッセージダイアログが最後に出たので、「Android SDK Manager」閉じてからEclipseメニューの「ヘルプ」→「更新の確認」をクリックします。

「使用可能な更新」画面が開いてリストが表示されたら、

●Android DDMS
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.ddms.feature.group

●Android 開発ツール
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.adt.feature.group

●Android 階層ビューアー
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.hierarchyviewer.feature.group

●Android ネイティブ開発ツール
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.ndk.feature.group

●Android トレースビュー
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.traceview.feature.group

●OpenGL ES 用トレーサー
22.0.5.v201307292155–757759
com.android.ide.eclipse.gldebugger.feature.group

のAndroid関連6項目にチェック→「次へ」→「次へ」→「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れ「完了」をクリックします。

「セキュリティー警告」画面があらわれ、「警告:署名なしコンテンツを含むソフトウエアをインストールしています。このソフトウエアの真正性または妥当性を実証できません。インストールを続行しますか?」と問われたら、「OK」をクリックします。

「ソフトウエア更新」画面があらわれ、「変更内容を有効にするには、Eclipseを再始動する必要があります。すぐに再始動しますか?」と問われたら、「はい」をクリック。

起動スプラッシュ画面に「キャッシュのクリーンアップ中」が表示されしばらく待つとEclipseが再起動します。

再度 Android SDK Manager を起動してみると、Android SDK Build-tools が2行になっているので、「Android SDK Build-tools Rev.18.0.1」をインストールし、「Android SDK Build-tools Rev.17」をアンインストールします。

Android SDK Build-tools のバージョンが、なぜRev.17とRev.18.0.1 のどちらも選択できるのかが不明でしたが、Platform-tools と同じRev.18.0.1 に合わせました。

なお、サンプルコードの構成が変わったようです。(参考サイト:Android 4.3 のサンプルコード

ちなみに、 ADT Plugin | Android Developers をみると、

ADT 22.0.5 (July 2013)

Dependencies:
  • Java 1.6 or higher is required.
  • Eclipse Helios (Version 3.6.2) or higher is required.
  • This version of ADT is designed for use with SDK Tools r22.0.5. If you haven’t already installed SDK Tools r22.0.5 into your SDK, use the Android SDK Manager to do so.

となっています。

おぉっ!?、「Java 1.6 or higher」ってなってる!!  「higher」ってことは1.7(Java7)でもよいってことかな…